【ヘアカラー剤の使用上の注意】
ヘアカラーを正しく安心してお使い頂くために
ヘアカラー(染毛剤)は、使用上の注意を順守し、使用説明書にしたがって正しく使用していただければ、安心してご使用いただける製品です。しかし、体質や肌状態によってはかぶれを起こしてしまうことがあり、まれに重いアレルギー反応をおこすことがあります。ヘアカラーのアレルギーのリスクを正しくご認識いただき、ご使用いただきますようお願い申し上げます。
●ご使用の際は使用説明書を必ず最後までよく読んで正しくお使いください。
●ヘアカラーはまれに重いアレルギー反応をおこすことがあります。
●ご使用の際は毎回必ず皮膚アレルギー試験(パッチテスト)を行ってください。
●今までにヘアカラー製品でかぶれたことのある方は、以後は絶対にヘアカラーを使用しないでください。

ヘアカラー(酸化染毛剤)を使用してはいけないお客さま

●今までに、一度でもヘアカラーでかぶれたことがあるお客さま
●染毛中または染毛直後に、じんま疹(かゆみ、発疹、発赤)や、気分の悪さ(息苦しさ、めまい等)を経験したことのあるお客さま
●皮膚アレルギー試験(パッチテスト)の結果、皮膚に異常を感じたお客さま
●頭皮あるいは皮膚が過敏な状態になっているお客さま(病中、病後の回復期、生理時、妊娠中など)
●頭、顔、首筋に、はれもの、傷、皮膚病があるお客さま
●腎臓病、血液疾患などの既往症のあるお客さま
●体調不良の症状が持続するお客さま(微熱、倦怠感、動悸、息切れ、紫斑、出血しやすい、生理時の出血が止まりにくい等)
●子供には使用しないでください。

ヘアカラー(酸化染毛剤)は、まれに重いアレルギー反応をおこすことがあります。
使用説明書をよく読んで、正しくお使いください。
あなた自身とお客さまをアレルギーから守るために、以下のことを実施してください。

●ヘアカラーに直接触れる作業をおこなう時(施術、すすぎ等)は、必ず手袋を着用してください。
●過去にヘアカラーでかぶれたことのあるお客さまは、今後全てのヘアカラーが使用できません。今後の染毛は、酸化染料を含まないヘアマニキュアなどをお勧めしてください。
●毎回必ず、染毛の48時間前には皮膚アレルギー試験(パッチテスト)が必要です。お客さまにパッチテストをしていただくようお願いしてください。パッチテストで発疹、発赤、痒み等の皮膚の異常が認められたお客さまには、染毛しないでください。
●パーマ施術の前後1週間は染毛しないでください。

ヘアカラー(酸化染毛剤)の施術に際して、次のことを行ってください。

●染毛前に、お客さまが過去にヘアカラーにかぶれたことがないかをご確認ください。
●お客さまに対し、ヘアカラーのアレルギーについてご説明ください。
●過去にヘアカラーでかぶれたことがあったり、パッチテストの結果、皮膚に異常を感じたりなど、
ヘアカラーを用いた染毛が適さないお客さまに対しては、酸化染毛剤以外のヘアカラーリング剤
(例えば、ヘアマニキュア(染毛料)など)をお勧めしていただき、ヘアカラーは絶対にご使用にならないでください。
●お客さまの当日の体調や頭皮の状態などもご確認いただき、染毛が可能かをご判断ください。
●染毛中もお客さまの状態をご確認いただき、状況に応じて適切な対応を行ってください。



【関連リンク】
 日本ヘアカラー工業会のホームページはこちら(http://www.jhcia.org/)



PAGE TOP